トップ >矯正の治療期間について
矯正の治療期間について
大人の矯正治療と子供の矯正治療では治療期間が少し異なります。

まず、子供の矯正歯科治療の場合は骨格的問題を含んでいる子供の治療は 5 年くらいかかる場合もありますが、通常は月に一回の通院で 1 〜 2 年くらいが平均です。

対して大人の矯正歯科治療は 3 〜 4 年前後が平均です。まず、装置をつけている期間が約 1 〜 2 年で、そのあと取り外しが可能な歯並びの後戻り防止装置を約 2 年くらい装着し、合計で 4 年程度の治療期間になります。ただし、これはあくまで平均的な目安となります。個々人の歯並びの状態などで治療期間が短縮されたり、延長されたりします。 また、適応症例であれば治療法により大幅な治療期間の短縮ができます

矯正治療期間の延長の原因

@ 虫歯、歯肉炎の発生。
A 舌で歯を押す癖、歯の形態、骨の固さ、特殊なかみ合わせ。
B 担当医の指示する口腔内ゴム、ヘッドギア等の不使用や治療に非協力な場合。
トップページ当センターの理念センター長紹介アクセス・診療時間メール相談
歯並びがわるいとどうなるの?不正咬合の種類装置について目立たない矯正コルチコトミー
治療期間について子供の矯正歯科について大人の矯正歯科について治療を受けるポイント
45歳からの歯の矯正費用についてサイトマップ