トップ > 目立たない矯正歯科治療
目立たない矯正歯科治療
矯正歯科治療とは通常では表側にワイヤーを付けて治療をする治療法が主流です。
しかし、患者様の様々なニーズによりワイヤーを目立たせなくない、もしくは、見えない状態で矯正治療をしたいという要望が多い患者様がいらっしゃいます。現在、目立たない矯正治療の治療法は様々あります。代表的なもので言えば裏側からの舌側(リンガル)矯正、マウスピースの矯正、セラミックブラケットを用いた矯正などが挙げられます。ここではこれらの代表的な目立たない、見えない矯正治療を紹介します。

セラミックブラケット(目立たない矯正)

セラミックブラケットは装置(ブラケット)が歯の色に近いため、メタルブラケットに比べて目立たないで矯正治療を行うことができます。メタルブラケットより目立たなく治療をする方にはおすすめです。治療期間はメタルブラケットを用いて矯正治療をした場合と変わりません。メタルブラケットに比べ費用は高くなります。

舌側(リンガル)矯正(見えない矯正)

矯正歯科治療をしたいけど矯正装置が目立つのが嫌とか、職業の都合で表側の矯正ができないという人におすすめな治療が舌側(リンガル)矯正です。舌側(リンガル)矯正は矯正装置を歯の裏側につけて治療をするため、他人に気づかれずに治療ができるというメリットがあります。ただし、表側からの治療に比べ舌側矯正は費用が高額になります。また、治療期間も通常の表側からの矯正治療と比べて長くなります。

マウスピース矯正(見えない矯正)

マウスピース型の透明な装置を付け替えて歯並びを治すという矯正法です。従来の矯正歯科治療はブラケットとワイヤーを使って歯を移動させていました。アクアシステムでは透明のフレームを歯列にかぶせて歯の移動を行います。トレー1枚につき0.2ミリ〜0.5ミリずつ動かす仕組みで、何枚ものトレーを使って少しずつ歯を移動させていきます。 欠点としては、すべて症例にこの治療法で治せるという訳ではありません。また、担当医から指示された装着時間を守らなければならないという点があります。
トップページ当センターの理念センター長紹介アクセス・診療時間メール相談
歯並びがわるいとどうなるの?不正咬合の種類装置について目立たない矯正コルチコトミー
治療期間について子供の矯正歯科について大人の矯正歯科について治療を受けるポイント
45歳からの歯の矯正費用についてサイトマップ